富山市西町駅から徒歩7分!痛みのない手技で豊富な臨床経験を持つ整体指圧所

腰椎椎間板ヘルニアは手術してもまた腰が痛くなるからケアを大切に

11月になり朝晩と寒くなってきた雪国の富山です。
腰椎椎間板ヘルニアで手術をされた方が何人も通われています、富山市にあるヨコハマ指圧所です。
その手術は必要なのか?必要だったのか?が大事です。

ん~腰が痛くなくても椎間板が飛び出ています。こんな方もおられるのです。
普段の日常生活での癖で、骨盤(体)が歪んでしまいます。
骨と骨の間(隙間、関節、椎間板)がズレてしまいます。

だから腰椎椎間板ヘルニアになってしまう。
同じ姿勢が腰に負担がかかります。
立ってても、座っていても人間は体の構造上~腰(骨盤、仙腸関節)に負担がかかる。

だから腰が硬くなり、ヘルニアになってしまう。
腰(体)を柔らかくすることで、ヘルニアは楽になるのです。
原因は、ほぼ筋肉(関節)が硬いか柔らかいかの違い。

筋肉を柔らかくすることで、ヘルニアは改善していくのです。
勿論、改善するには時間と費用がかかりますよ。
確かに、手術をして腰の痛みが消えた方もいられますよね。

腰の痛みがひどく手術をしても、また腰が痛いと!こんな方が多いです。
2度目の手術、3度目の手術は止めましょうよ。
骨盤からの体の歪みを解かない限り、腰の痛みは取れないでしょう。

手術をすることで、筋肉のバランスが崩れてしまいます。
体が歪んでしまうのです。体が歪み、筋肉が硬くなるのです。
こんな体で、また手術をすると余計に腰(体)が悪くなる。

筋肉がまた硬くなるのです。体にキズ(メス)を入れるのは、生きるための最終手段なんです。
キズが入った部分から筋肉が引きつけられる。
筋肉がつっぱる。体が歪んでしまいます。

これが原因で、また腰が痛くなるのです。
キズが入った部分は、そこは仕方がない。
もとの身体には戻らないが、そこから新しい身体を作れば大丈夫なんです。

昔の腰椎椎間板ヘルニアの手術は、傷痕が大きい。
その分、筋肉や体のバランスが崩れてしまう。
傷痕から筋肉が硬くなり、腰痛になってしまう。

現在の手術は、傷痕が小さい。わかりにくい。
傷痕が小さい分、体のバランスの崩れ方も違う。
こちらの方がまだ良い。が、時間が経つにつれて~また腰がいたくなります。

腰(体)の筋肉を柔らかくすること。
整体を受けて体のケアをしっかりしましょう。
手術は、生きる為の最終手段です。

ヨコハマ指圧所の整体を受けることで、体のバランスがどんどん良くなります。
あなたの腰椎椎間板ヘルニアでの長年の腰の痛みも改善していきます。
あきらめずに体のケアを続けていきましょう〇〇さん。

腰椎椎間板ヘルニアで悩んでいるあなたへ。
私の技で改善がダメなら、早い段階で諦めます。
術後のケアに、通ってくだい。



関連記事

腰椎椎間板ヘルニアは手術してもまた腰が痛くなるからケアを大切に